プーアル茶の通販専門店-プーアルカフェ

本物のプーアル茶を中国より直送。プーアル茶のおいしさを皆様にお届けいたします。


C1605 老茶頭

Lǎo Chá Tóu

昌泰茶業の老茶頭。1999年から2006年までの茶頭のブレンドです。クリーミーなまろやかさが美味しい老茶頭です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ > 商品検索 > 老茶頭


老茶頭プーアル茶写真

老茶頭

商品番号
C1605
価格
1,680円
販売重量
45g / 100g
在庫
なし

表示価格は小分け(45g)のものとなります。2つご注文いただくと塊り(100g)でのお届けとなります。

在庫なし
形状散茶小分け
製造2006年
茶廠昌泰茶業
産地 孟海茶区
熟生熟茶
特徴昌泰の老茶頭

味の評価

甘味
★★★★☆
まろみ
★★★★★
渋味
★☆☆☆☆
苦味
★☆☆☆☆
酸味
★☆☆☆☆
香り
★★★★☆
熟成度
★★★★★
老茶頭 写真:プーアル茶のお茶の色 老茶頭 写真:プーアール茶の茶葉 老茶頭 写真:プーアール茶 老茶頭 写真:プーアール茶の茶葉裏面 老茶頭 写真:プーアル茶葉底

解説:老茶頭 

昌泰茶業の老茶頭はクリーミーなまろやかさが美味しさです。

渥堆工程で熟成が進み、自然に押し固まった茶葉は茶頭とよばれ珍重されます。熟茶づくりのおまけのような物なのですが、量が取れないためなかなか市場に出てくることもありません。

この老茶頭も昌泰茶業が1999年から2006年に作った熟茶から出た茶頭を集めたものとなっています。

他の茶葉よりも熟成が進んでいる茶葉なのでまろやかさがその特徴として挙げられますが、一歩踏み込んで熟成が進みすぎてしまう茶葉とはそんな茶葉であるかをみると、それは柔らかく小さな茶葉、つまり若芽が老茶頭には多く含まれているといわれおり、そのため独特の風味を持ちます。

この老茶頭は散茶タイプに仕上げているので、ころころとした茶葉をそのまま急須に入れてください。苦み渋みのない老茶頭は濃く淹れても薄く淹れても味わいのバランスが崩れないのでまずは淹れてみましょう。

一方で発酵が良く進んでいる老茶頭には発酵臭があるので洗茶をしっかりとします。湯を入れてそのまま2-3分出してから一度湯を捨てます。その後改めてお湯を注ぎプーアル茶を出していきます。

自然と固まっている老茶頭は茶葉が開くまで時間がかかります。洗茶の後でも茶葉は開いていないので最初の一煎目はじっくりと出しましょう。

深い熟成のまろやかさが特徴の老茶頭ですが、この昌泰茶業の老茶頭はまろやかさの中にクリーミーなやさしい風味がスペシャリティです。煎も長く続くので茶を出す時間を調整しながらゆっくりと長く楽しむ事ができます。

クセが無く、濃厚な老茶頭はアレンジもしやすいプーアル茶です。ミルクプーアルなどもお試しください。

飲みやすく、出もいい老茶頭。初めてプーアル茶をお試しの方も、上級者の方にもお勧めのプーアル茶です。


お客様の声

大切に飲むつもりです

長崎県 N.F様

・C1605 / 老茶頭 2006年
今回奮発して購入してみました.これまで購入した中で甘みのある味、香り、口当たり共に最高のお茶と思います。大切に飲むつもりです。

老茶頭

商品番号
C1605
価格
1,680円
在庫
なし
在庫なし

老茶頭
関連商品

M1505
老茶頭
Lǎo Chá Tóu

孟海茶廠 2014年
販売重量 100g
販売終了

大益の老茶頭

  • プーアル茶詳細
  • 在庫なし
老茶頭
関連商品

K1603
老茶頭
Lǎo Chá Tóu

国艶茶廠 2006年
販売重量 45g / 200g
1,300円

国艶の老茶頭
表示価格は小分け(45g)のものとなります。4つご注文いただくと塊り(200g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • 在庫なし
雙江孟庫 原野香美術字体
Pick-Up

H0301
雙江孟庫 原野香 美術字体
Shuāng Jiāng Mèng Kù Yuán Yě Xiāng Měi Shù Zìtǐ

雙江孟庫 2001年
販売重量 357g
58,200円

21世紀の銘茶、雙江孟庫原野香。孟撤山の原野で摘まれた野生茶で作ったオーダーメイドプーアル茶。超乾倉でドライに育てられたクリアさとシナモンの香のある一枚です。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる
下関双傑鉄餅FT8653
Pick-Up

X0303
下関双傑鉄餅 FT8653
Xià Wān Shuāng Jié Zhí Bǐng

下関茶廠 2005年
販売重量 357g
18,780円

下関茶廠の定番茶、8653。この8653は飛台茶商茶廠のオーダー品で、その中でも特に当たり年の2005年の8653。「下関双傑」と名付けられた特別なプーアル茶をお楽しみあれ。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる

ページの先頭へ

プーアル茶、初心者の方はこのページへ