プーアル茶の通販専門店-プーアルカフェ

本物のプーアル茶を中国より直送。プーアル茶のおいしさを皆様にお届けいたします。


M1401 大益茶 7572

Dà Yì Chá 7572

伝統の大益牌7572の2014年版です。より高品位の茶葉を使用して、第三世代製法「HEMA製法」を採用した新7572です。今までの伝統を引き継ぎつつ、すべてがグレードアップした大益の銘茶です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ > 商品検索 > 大益茶 7572


大益茶7572プーアル茶写真

大益茶7572

商品番号
M1401
価格
1,890円
(100gあたり1,890円)
販売重量
100g / 357g
在庫
あり

表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

カートに入れる
形状餅茶小分け
製造2014年
茶廠孟海茶廠
産地 孟海茶区
熟生熟茶
特徴第三世代「HEMA製法」

味の評価

甘味
★★★★★
まろみ
★★★☆☆
渋味
★☆☆☆☆
苦味
★☆☆☆☆
酸味
★☆☆☆☆
香り
★★★★☆
熟成度
★★★★☆
大益茶7572 写真:プーアル茶のお茶の色 大益茶7572 写真:プーアール茶の茶葉 大益茶7572 写真:プーアール茶 大益茶7572 写真:プーアール茶の茶葉裏面 大益茶7572 写真:プーアル茶葉底

解説:大益茶7572 

すべてのプーアル茶の中で定番中の定番、孟海茶廠の7572。伝統の味わいはそのままに全てを一新した新しい7572です。

※餅茶を崩して100gに小分けしたプーアル茶でのお届けとなります。3個ご注文いただいた方には餅茶(357g)の形でのお届けとなります。

7572は中国で最も有名で人気のある熟茶で、当店でも最も人気のある熟茶の一つです。もちろん人気だけでなく、味も素晴らしいこのプーアル茶は、いろいろなメーカーが手本にする銘茶です。

70年代から続く大益の定番茶である7572ですが、2013年の後期からつくられたこの7572には大幅な変更が加えられています。

第一に茶葉の品質。
7572は毎年春、夏、秋にそれぞれ収穫した茶葉を保管し、それらをブレンドして一定の風味を保つように作られていますが、今年の7572の茶葉はワンランク(それ以上に)上質な茶葉を使用しています。

そしてもう一つがその製法です。
熟茶作りでは「渥堆」と呼ばれる工程で発酵が行われます。この7572は第三世代の発酵技術、「HEMA製法」が採用された最初のプーアル茶となります。

HEMA製法では、発酵の管理をより精密に行い、安定した発酵、そして「孟海味」と呼ばれる孟海茶廠ならではの熟茶の風味を生み出します。

これらの変化はその味わいにしっかりとあらわれています。
甘口仕上げの7572はそのままですが、口に含んだ時のより芳醇な風味がその印象を大人の風味へと変えます。以前よりそれぞれの味わいの輪郭がはっきりとし、キレのある味わいです。しかし、その風味は長く続き、飲んだ後はいつまでもふわりと口の中に香りが漂います。

艶のある栗皮色の水色には透明感があります。そして、葉底(煎じた後の茶葉)も一つ一つの形がしっかりと残り、安定した熟成とその高品質を見ることができます。

大益茶の、そしてプーアル茶の傑作7572。生まれ変わった2014年の7572をぜひお試しください。

こちらも合わせてご覧ください。
 →'08 大益牌 7572
5年熟成味の違いも。
 →7572を茶廠で比べる。
他の茶廠の作る7572との味比べも面白いのではないでしょうか。


お客様の声

日本人には合っていると思います。

神奈川県 S.H様

大益茶7572 2013年、香がよく、味も癖も無く、味はしっかりしてる。
上品で高級感が有りとても飲みやすく、日本人には合っていると思います。5回くらい出ますから経済的です。私の様な初心者でも大丈夫で、お勧めです。満足です。手頃な値段です。
次は少しまとめ買いしたいと思います。

生茶って美味しいんですね!!!びっくりです!!!

東京都 M.N様

先般は色々とお勧めいただきありがとうございました。楽しんでおります。感想ですが・・・。
熟茶がプーアル茶の味で、自分は熟茶の味が好きなんだと思ってましたが、(なので濃厚な熟茶をお勧めいただいたんですが)
実際、M1401 / 大益茶7572 2013年 は、深くて艶やかでまろやかでまるでボルドーのようで、熟茶として王道という気がしましが。
・・・ですが、生茶って美味しいんですね!!!びっくりです!!!
深さの中に、爽やかさ、青臭さ、フレッシュさ、焙煎香があって熟茶より実は好きかも・・・。
C0301 / 易昌號100g小餅 2003年
は、深みの感じがブルゴーニュワインの感じがします。
X0501 / 下関鉄餅 金榜T8653 2014年
は、焙煎香が快い。元々、青茶、中国緑茶が好きで飲んでますので、それらに通じる爽やかさ、青さがありますね。ただ西湖龍井より深みと複雑さがあり、何煎も出るので、こちらの方が好きかも知れません。
そもそもなかなかよい西湖龍井が手に入らないので、愛飲したいと思います。
色々気分で種類を変えて飲むと飽きませんね。また、何か面白い物がありましたらお勧め下さい。

現行の7572の設計が大変分かりやすいお茶

神奈川県 K.Y様

今回初めて御社のサイトを利用させていただき、いくつかのプーアル茶を購入させていただきました。現状、日本国内では中国でのスタンダードとなるようなプーアル茶は購入できません。このような状況で、プーアルカフェ様の存在は大変ありがたく感じております。今後も魅力的なプーアル茶の紹介をよろしくお願いいたします。また、販売サイトのみならず、知識・情報サイトも充実していて勉強になります。今回購入しましたプーアル茶の感想を述べさせていただきます。
大益7572 2013
 香り、甘味、まろみ、茶気、苦み、共にバランスの取れた味わいで美味しく頂きました。以前飲んだ7572の陳年ものの比べて大変飲みやすいものでした。現行の7572の設計が大変分かりやすいお茶です。
特に3,4煎目を深く淹れると特徴が際立ち非常に美味しいです。

孔雀7572
 上記大益7572と比べると甘味、茶気の部分で一回り強い仕上がりになっていました。紅茶のような華やかな香りも感じられました。

六大韻境
 香り、茶気の部分で特徴的なお茶でした。かといって飲みにくさがあるわけでもなく、浅めでも深めでも非常に飲みやすいお茶でした。個人的には一番好みのお茶で、次回は一枚購入したいと思っております。

品史上茶
 甘い香りが強く、贅沢な一品だなと感じました。おそらく杏仁香だとおもいます。 味わいもまろやかさと甘さが一体となって感じられクセになる美味しさです。

珍珠餅茶
 一煎目には陳香が残り少しくせがあるかなと思いました。洗茶次第で解消され、7572とは異なる味わいがありました。

頭ひとつ茶気の旨味

東京都 T.Y様

大益茶新版 7552は、またしても、こんな熟茶初めて!という体験になりました。熟成が深いといっても、五子登科など完熟の熟茶と違い、軽いですね。濃厚な甘みを除けば、香りも茶気もひたすらやさしく、雑味ゼロなので、気が抜けた熟茶みたい?という戸惑いが第一印象でした。そこで、7262と7572を引っ張り出して飲み比べました。コクは7572、香りは7262ときて、7552を飲むと、そのまろやかな心地よさが際立ち、印象が変わりました。風味のどこにも角が立っていない、くつろぎたい時に最適なお茶ですね。等級の高い茶葉は、渥堆による発酵が進みづらいと聞いています。そのぶん発酵を深くするのでしょうが、茶頭のように濃厚にならず、スッキリして丸い風味になるのですね。もちろん、ブレンドによる調味もあるのでしょうが。
それにしても、3種飲み比べて思ったのですが、7572の2013年は頭ひとつ茶気の旨味が抜きん出ているように感じます。これは茶葉の等級の違いに過ぎないのでしょうか、それとも茶葉のグレードが上なんでしょうか?

気に入って毎日ゴクゴクと飲んでおります。

東京都 M.N様

先般は色々とお勧めいただきありがとうございました。お茶が少なくなってきたのでそろそろお願いしたいと思います。下記、色々と生茶をお勧めいただきましたが、基本は熟茶を日常的に飲みたいので、何か熟茶でお勧めがあったら教えていただけませんか?
・M1403 / 五子登科特級茶 2013年
・R1303 / 雲南の月 2012年
・M1401 / 大益茶7572 2013年
をとくに気に入って毎日ゴクゴクと飲んでおります。

味もとてもおいしくて大満足です。

東京都 M.F様

ダイエットのため他店でプーアル茶を購入していましたが、とてもかび臭く飲めるものではなかったので、違う商品を探していました。ネットで調べてこちらのお店ならと思ったのですが、中国からの直輸入というのが不安でした。しばらく躊躇していたのですが、口コミや商品の説明、お茶の楽しみ方などを見て、熟茶の飲み比べセットを試してみることにしました。 実際頼んでみると、注文から商品が届くまでとてもスムーズで、梱包もとてもしっかりしていました。肝心のお茶は、3種類ともそれぞれの特徴があって、味もとてもおいしくて大満足です。これからは、ダイエットのためだけでなく、味を楽しむためにもっとプーアル茶を飲みたいと思います。今度は生茶の飲み比べセットを購入してみたいと思っています。

一口目は本当に衝撃だったのです。

東京都 T.Y様

大益茶7572 2013年は、温故知新の抱拙紅鐡に対する未来形という語呂合わせで、いわば遊び心で購入しただけだったので、これといった期待感もなく茶湯を口に含んで、頭が真っ白になりました。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、熟茶は二十数年来の常飲茶で、日常のお茶であるだけに、スッキリかマッタリか、保存香(昔はカビ臭さと呼んでいました)が強いか弱いかくらいしか気にしていませんでした。そうした熟茶の概念を、このお茶は超えていて、一口目は本当に衝撃だったのです。気を取り直してよく味わえば、まさしく熟茶ですが、スッキリして嫌みのないた苦みと甘みの向こうに、煎の初めは微かに緑茶の風味が感じられ、しかも、普通の熟茶はいろいろな風味が混然一体として感じられるのに対し、このお茶はそれぞれが際立っていて、生茶に近いものがあります。半熟茶というのが、こんな感じかなと思ったのですが、経験がないので、わかりません。そして何よりこれ以前の大益茶7572を知らないのが致命的です。ともかくゴキゲンなお茶ですが、生茶にのめり込みすぎて、熟茶を放ったらかしにしていたことを反省させられる体験でした。
ぼちぼち熟茶も混ぜて購入していこうと思うのですが、店長さんには私の好みを看破されているようなので、お勧めがあったら、ご教示ください。六大韻境、五子登科、大益牌8562あたりが気になっているのですが、正直なところ検討がつきません。

当店からの返信
大益茶7572 2013年ですが、これは最近の熟茶作りの進化を見るのにうってつけのプーアル茶です。
一昔前まではカビ臭いと言われることのあった熟茶ですが、最近の渥堆技術の進歩とともにその出来は格段に上がっています。それでもやはり熟成させた生茶との違いは色々とありますが、確かに生茶に近くなってきています。2008年の8562と比べれば断然7572 2013年の方が半熟茶と言えるかと思います。

さて、おすすめの熟茶についてですが、ここでは三つ挙げさせていただきます。
・朴子 醇:http://www.puer-cafe.com/item/item.php?mode=detail&item_cd=R1306
・恒豊源版納七子餅茶 632:http://www.puer-cafe.com/item/item.php?mode=detail&item_cd=C1909
・五子登科:http://www.puer-cafe.com/item/item.php?mode=detail&item_cd=M1403

それぞれ特徴がありますが、朴子 醇は六大茶山が最近のプーアル茶づくりの技術で作ったバランスのいい、現代らしい標準的な味作りのプーアル茶になります。それに対し、恒豊源 632は味作りは高品位な茶葉を使った標準的なプーアル茶ですが、2006年と一つ昔の作りでその比較を見ることができます。一方、五子登科は味作りの方向が異なり、小さな芽茶で作られているのでまろやかさが際立つ一般的に宮廷プーアル茶と呼ばれるものに多い味作りになります。他にも喬木熟茶らしい味わいの六大茶山御品原茶、クセのある国艶茶廠のプーアル茶などがありますが、まずは上の三つとさせていただきます。

大益茶7572

商品番号
M1401
価格
1,890円
在庫
あり
カートに入れる

大益茶7572
関連商品

M1703
大益茶 7572
Dà Yì Chá 7572

孟海茶廠 2016年
販売重量 100g / 357g
1,450円

2016年の7572
表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる
下関七子餅茶 泡餅8663
関連商品

X1304
下関七子餅茶 泡餅 8663
Xià Wān Qī Zǐ Bǐng Chá Zhí Bǐng 8663

下関茶廠 2013年
販売重量 100g / 357g
1,360円

下関の定番塾茶
表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる
大益茶経典 7262
Pick-Up

M1502
大益茶 経典 7262
Dàyì Chá Jīngdiǎn 7262

孟海茶廠 2013年
販売重量 100g / 357g
1,320円

大益の作る伝統レシピであり高級熟茶である7262。7262のもつ特別な風味は他では味わえない特別な美味しさです。すっきり仕上がった7262をお楽しみ下さい。
表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる
下関鉄餅 金榜T8653
Pick-Up

X0501
下関鉄餅 金榜 T8653
Xiàgwān Tiěbǐng Jīnbǎng T8663

下関茶廠 2014年
販売重量 100g / 357g
1,380円

下関茶廠の定番鉄餅、T8653。60年代から続く鉄餅で80年代に完成された、輸出用高品位茶8653。近年の下関茶からレベルをあげ、春茶葉で作り蘇らせた伝統の味。
表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる

ページの先頭へ

プーアル茶、初心者の方はこのページへ