プーアル茶の通販専門店-プーアルカフェ

本物のプーアル茶を中国より直送。プーアル茶のおいしさを皆様にお届けいたします。


プーアル茶の崩し方メイン写真
to enjoy

トップ > 知識コーナー > プーアル茶のおいしい崩し方


プーアル茶のおいしい崩し方

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

本場のプーアル茶を取扱う当店のお茶はほとんどが緊圧茶(押し固められたお茶)です。お茶を飲む前にはまず崩すことが必要ですが、ここではその崩し方の一例を紹介します。

固まったお茶を砕くには

お茶を崩すには手でもできますが、お茶を崩す専用の茶刀と呼ばれる物があります。
専用の茶刀は実際のところつかいにくく実用的ではありません。中国では短い千枚通しの用な物は小さくそれなりに使いやすいですが、プーアルカフェのオススメはズバリ千枚通しです。
磚茶など、プーアル茶の中にはとても固い物があって通常の茶刀では崩すのに一苦労します。お土産などで見かける木製の茶刀では崩すどころか茶刀が折れてしまいます。そういったものでも千枚通しであれば簡単に崩すことができます。崩し方は、針先をお茶に当てて上下に動かせばだんだんとプーアル茶がはがれてきます。
そんな便利な千枚通しは日本では100円ショップで売っていますのでお茶をお買い求めの際はお茶が届く前に100円ショップへ。

◎ブレンドされているお茶
お茶の崩し方の写真餅茶は見た目をきれいに仕上げるため、表面に中身とはサイズの違う茶葉を配置することがあります。こういったお茶は茶葉が均等に混ざるよう、餅を折っていく感じにばらしましょう。柔らかいお茶であれば指でつまんでぽきぽきと折っていきましょう。特に気にせず崩していけばいいと思います。
例:レシピ番号のあるお茶、安めのお茶
固い餅茶や磚茶は千枚通しを使って崩していきます。プーアル茶に針先を当てて上下に動かせばてこの原理で持ち上げるように崩れていきます。
餅茶の形を残していきたいときは裏面の中心部、くぼんだところから崩していくとよいでしょう。
◎ブレンドされていないお茶
お茶の崩し方の写真野生茶などでは餅面に大振りの茶葉がきれいに配置されているだけではなく中までしっかりと大振りの茶葉が固められています。これをぼきぼきと折ってしまうのは少々無粋な物です。
こんな餅茶は千枚通しを使用して餅面にそって茶葉をはがす感じに崩しましょう。茶葉の形を残すことを特に気にしないのであれば熟茶と同じように崩してしまいましょう。
例:高級生茶、高級熟茶
千枚通しを餅面にそって低い角度であてて、上下に動かして茶葉を浮かせます。何カ所かで茶葉を浮かし、とれそうかな?と感じたら茶葉の固まりを持ち上げはがすように崩します。

茶葉の量について

一回に使用する茶葉の量はプーアル茶の入れ方、お湯の量や茶葉の出にもよりますが、ティータイムに一煎だけ楽しむ場合は2-3g、何煎も出したいときは3-8gを使用しています。物の本によると使用するお湯の量の1/50の量とされていますが私は目見当で茶葉の量を決めています。
茶葉の量でお茶の味は大きく変わります。少ない茶葉を長い時間入れた物と多めの茶葉でさっと入れた物ではその水色が同じであっても味も風味も大きく異なります。

少ない茶葉で入れたお茶は茶葉全体を味わう飲み方となり、たくさんの茶葉でさっと入れると茶葉のその瞬間の美味しさを飲む飲み方となります。煎ごとの味の変化を楽しみたい時は多めの茶葉で入れましょう。
実際にいろいろと茶葉の量を変えて試してみることをお勧めします。

ページの先頭へ