プーアル茶の通販専門店-プーアルカフェ

本物のプーアル茶を中国より直送。プーアル茶のおいしさを皆様にお届けいたします。


M1707 大益茶 8592

Dàyì Chá 8592

孟海茶廠の名作レシピ8592。クセのないまろやかさが特徴です。成長した茶葉を使用しているのでコレステロールの気になる方にオススメの定番茶です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ > 商品検索 > 大益茶 8592


大益茶 8592プーアル茶写真

大益茶 8592

商品番号
M1707
価格
1,380円
販売重量
100g / 357g
在庫
あり

表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

カートに入れる
形状餅茶小分け
製造2016年
茶廠孟海茶廠
産地 孟海茶区
熟生熟茶
特徴大茶葉レシピのまろやかさ

味の評価

甘味
★★★★☆
まろみ
★★★★★
渋味
★☆☆☆☆
苦味
★☆☆☆☆
酸味
★★☆☆☆
香り
★★★☆☆
熟成度
★★★★☆
大益茶 8592 写真:プーアル茶のお茶の色 大益茶 8592 写真:プーアール茶の茶葉 大益茶 8592 写真:プーアール茶 大益茶 8592 写真:プーアール茶の茶葉裏面 大益茶 8592 写真:プーアル茶葉底

解説:大益茶 8592 

孟海茶業の銘作レシピの8592。天字餅として有名な南天公司が80年代に孟海茶厰に注文した傑作レシピ8592の現代版です。

大きい茶葉を使用して作ったお茶でサポニンを多めに含むので、コレステロール値の改善が期待できます。気になる方には特にオススメのプーアル茶です。

2009年まで、このプーアル茶のパッケージには「滋味醇和順滑、回甘生津甜美、陳香芬芳迷人」のフレーズがありましたが、その滑らかさや風味は8592ならではと言える落ち着きのある味わいです。

2016年のこのお茶は、餅面は大茶葉レシピらしい素朴な感じがあり、少し柔らかめな仕上げとなっています。8592のまろやかなおいしさはゆっくりしたいときに最適のプーアル茶です。

よく熟成されているこのお茶は、やや成長した茶葉をつかった優しい口あたりが特徴で蜜香のニュアンスのある杏香に香ばしさを併せ持った仕上がりとなっています。

渋味もクセも無く、アレンジしやすいお茶なので初心者の方にもオススメです。また、飲みやすく飲み飽きない味なので常飲用、がぶ飲み用としてもオススメです。

こちらも合わせてご覧ください。
おいしいレシピの飲みくらべ
 →大益レシピセット
甘みのおいしい大益熟茶
 →大益茶 7572
深い、深い熟成
 →大益茶 7552


大益茶 8592

商品番号
M1707
価格
1,380円
販売重量
100g / 357g
在庫
あり

表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

カートに入れる

大益茶 8592

商品番号
M1707
価格
1,380円
販売重量
100g / 357g
在庫
あり

表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

カートに入れる

大益茶経典 7582
関連商品

M0502
大益茶 経典 7582
Dàyì Chá Jīngdiǎn 7582

孟海茶廠 2014年
販売重量 100g / 357g
1,860円

生茶の大茶葉レシピ
表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる
国艶境界 曼弄
Pick-Up

K0205
国艶境界 曼弄
Guó Yàn Jìng Jiè Màn Nòng

国艶茶廠 2009年
販売重量 120g / 400g
2,800円

国艶最高級茶シリーズの国艶境界 曼弄山です。曼弄茶ならではの風味の強さをご堪能ください。
表示価格は小分け(120g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(400g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • 在庫なし
大益茶経典 7582
Pick-Up

M0502
大益茶 経典 7582
Dàyì Chá Jīngdiǎn 7582

孟海茶廠 2014年
販売重量 100g / 357g
1,860円

陳年茶葉で作る伝統大葉プーアル茶、7582。ほろ苦さ、そして心地よい酸味。大茶葉レシピだからこそ感じることのできる本格プーアル茶の美味しさをご賞味あれ。
表示価格は小分け(100g)のものとなります。3つご注文いただくと塊り(357g)でのお届けとなります。

  • プーアル茶詳細
  • カートに入れる

ページの先頭へ

プーアル茶、初心者の方はこのページへ



ページトップへ