プーアル茶の通販専門店-プーアルカフェ

本物のプーアル茶を中国より直送。プーアル茶のおいしさを皆様にお届けいたします。

プーアル茶の茶廠比べ7542メイン写真
selection

トップ > プーアル茶を比べて選ぶ > プーアル茶の茶廠をレシピで比べる > 生茶レシピ7542


プーアル茶の茶廠比べ~7542:孟海、昌泰、海湾~

プーアル茶の標準品と呼ばれる7542はオリジナルは孟海茶廠によって生み出され、定番品として今でも確固たる人気を持っています。各時代を代表するプーアル茶を生み出した名レシピ7542は、そのできのよさからしばしばほかの茶廠によって作られています。
元祖7542である孟海茶廠の大益茶 7542、プーアル茶の泰斗、邹炳良が作る老同志 7548、そして銘牌「易昌號」を生み出した昌泰茶業の作る7542、昌泰號 7548の3つのを飲み比べます。

茶の評価
評価図
オリジナルレシピである大益茶 7542を基準としてみていきますが、どのプーアル茶も7542らしい仕上がりとなっています。茶葉度は評価では茶葉に煙味のある老同志 7548については4、茶園茶葉の多い昌泰號 7548は3としていますが、「茶葉の質」を見るにおいては大きな差があるわけではありません。
熟成度は2014年製の大益茶 7542、2015年製の老同志 7548はまだまだ新茶に近いのでそれぞれ2、1としています。10年熟成されている昌泰號 7548はその熟成具合(乾倉熟成)をみて5をつけています。まだまだ熟成の余地もあり、これから5年、10年の熟成を楽しむのにちょうどいい一枚でしょう。
お買い得度としてはブランド価値がのる大益茶 7542は割高になってしまうので3としていますが、熟成とともに価値が上がることは確実なので収蔵価値の面で5がついています。一方で老同志 7548は品質と価格のバランスがよく(お買い得)で、今後の価値の上昇も見込めるのでどちらも4と評価しています。昌泰號 7548について10年熟成プーアル茶としてお買い得度の非常に優れています。一方で、ほかの二つの茶廠とは異なり7548は一年のみの生産なので、知名度が高くなく、結果収蔵価値は3の評価となっています。
レシピ番号7542について
プーアル茶作りの長い伝統を受け継ぎ、7542は1975年に完成されました。そのおいしさは何よりバランスのよさで、甘み、香り、渋みといった味わいの要素のバランスがよく、熟成とともに風味が増していきます。熟成を経た7542は73青餅、88青餅などそれぞれの時代の基準のプーアル茶となっています。 プーアル茶自体は4級茶葉をメインに作られていますが、餅面には若芽を、中心部にはややグレードの高い茶葉を配することで薫り高くバランスのよい茶作りとなっています。
今回比べたお茶
外見
今回飲み比べるのは孟海茶廠の元祖7542、10年熟成された、昌泰茶業の昌泰號 7548、そして「プーアル茶の泰斗」として知られる邹炳良が作った老同志 7548の3つのプーアル茶です。
大益茶 7542 2014年に作られた7542の小餅です。経典シリーズであるこの7542は現行の7542よりも熟成を想定して作られています。
老同志7542孟海茶廠の技術者であった、邹炳良が作る老同志 7548は「㳖香型」のつくりです。
昌泰號 7548は2007年に作られ、10年熟成がかもし出したまろやかさが特徴です。老同志、昌泰號ともにレシピ番号の最後の一桁が「8」となっていますが、これはそれぞれが名乗る茶廠番号でどちらも同じ「8」を名乗っているので、どちらも7548となっています。
餅面と茶葉
プーアル茶餅面比較
7542では餅面に若芽を多く配するので、どのプーアル茶も「毫」のある茶葉を見ることができます。とはいえ、違いも見られます。大益茶 7542と老同志 7548は大振りな茶葉である一方、昌泰號 7548は茶葉が小さいように見えます。
プーアル茶餅面比較
ほかにも、何より大きな違いとして熟成度に違いが見られます。10年間熟成されている昌泰號 7548の餅面は赤みが指し、10年なりの熟成を見ることができます。一方で二つのプーアル茶の大きな違いとして、9年の熟成期間の違いがあり、その違いは餅面に現れていることが一目見てわかります。10年熟成である昌泰號 7548の餅面には赤味が現れている一方、まだ新しいプーアル茶である大益茶 7542と老同志 7548は緑暗色の茶葉の色となっています。
プーアル茶餅面比較
プーアル茶餅面比較
プーアル茶を淹れる
大益茶 7542は小餅なのでやや緩めの押し固め度となっています。老同志 7548は本来の7542らしくしっかりと押し固められています。昌泰號 7548もしっかりと押し固められていますが、10年の熟成とともに茶餅が少し緩み崩しやすくなっています。
プーアル茶に湯を入れる
左から老同志 7548、大益茶 7542そして昌泰號 7548となります(以下同)。水色はどれも新茶の薄黄色のは過ぎ、赤く色づいていますが違いがあります。
プーアル茶を淹れる
昌泰號 7548は熟成年数が長い分、色合いがより赤茶く色づいていることが見られます。写真では見えないのですが、つややかさがほかの二つと比べると違いがあり、とろみとまろやかさを連想させる「おいしそうな色艶」をしています。また、老同志 7548と大益茶 7542にも違いは見られ、年数の若い老同志 7548の水色にはやや青味が差しています。
プーアル茶を味わう
まず、大益茶 7542のトップノーズは花蜜香です。やや熟成が進み果蜜香のニュアンスを感じます。老同志 7548茶からもトップノーズに花蜜香が立ち上りますが蘭香と燻香のニュアンスがあります。
この二つのプーアル茶はまだ新しいので、どちらからも青蓮香を感じます。燻香や青蓮香に違いがありますが(どちらも老同志 7542のほうが強い)、二つプーアル茶の香りは熟成軸の延長上にあるといえるでしょう。
一方の昌泰號 7548は果蜜香ですが、バニラのようなクリーミーさ、まろやかさを連想させる香りがある一方で、シトラス系のさわやかさのある香りがあります。熟成の進んだ7542の香りです。もちろん陳香もしっかりと出てきています。
さて、これは記憶の話となるのですが、昌泰號 7548がまだ若かったころの香りの記憶は花蜜香よりもより華やかな蘭香がその香りの主役でした。この点において昌泰號 7548は今回比較している他の二つの7542と異なるわけですが、これは7542のバージョンの違いと理解することができます(また後述します)。
プーアル茶を淹れる
味わいは大益と老同志の7542は新茶の味わい、昌泰號 7548は老茶の味わいです。
大益と老同志の二つの7542はどちらも渋みは控えめに程よい苦味、そしてその苦味の後にやってくる心地よい、さわやかな甘み(回甘といいます)がおいしさとなります。回甘とともにやってくるシトラス風の香りもおいしさを引き立てます(老同志 7548では燻香もよいアクセントとなっています)。
さて、老同志のパッケージには「浓香型」とあります。これは濃厚な香りといった意味合いで、当然そのように作られています。さて、先ほどの昌泰號 7548の話に戻るのですが、昌泰號 7548は「浓香型」はありません。そのため、新茶のころの香りの主役(味も)は異なりました(どちらかというと老同志 7548が違うというべきでしょう)。このあたりの話はプーアル茶作りの流行廃りの話となってしまうのでまた別項で書いていきたいと思います。
では、大益茶 7542はどうでしょうか。大益茶 7542は浓香型への移行中といったところでしょうか。なので老同志 7548より華やかでしたが、年数の分落ち着いています。
一方の昌泰號 7548は老茶の味わいを見せています。
苦味と渋みは引き、まろやかさとコクが生まれています。昌泰茶らしい軽快さもあります。まだ新しい二つの7542と比べるとまるで別のお茶のように感じますが、7542としてみるとその枠内に落ち着いています。
熟成はプーアル茶のもっとも大きな特徴といえます。このような飲み比べでプーアル茶の真髄の一端に触れることができるといえるでしょう。
葉底を見る
葉底
葉底で数目を引くのももちろん熟成度の違いです。10年ものの昌泰號 7548はしっかりと色づいていますが、新しい二つの7542は柔らかな黄緑色をしています。どちらもどちらも大振りの茶葉でふっくらとしています。昌泰號 7548はやや小ぶりな茶葉です。このあたりの違いも10年前と現在のプーアル茶作りの違いといえるでしょう。
まとめ
今回、三つの茶廠が作る7542を見てみましたが、プーアル茶の基準品といわれる7542は実に多くの茶廠がそれ ぞれの解釈で作っています(当店でも以前、国艶茶廠の7542も販売しておりました)。
同じ7542であっても茶廠による違いがあり、また時代による違いがありそれぞれの7542の風味付けを味わうことはなかなかに興味深いことです。今回は触れていませんが、オリジナルである孟海茶廠の7542であっても違いがあるので(たとえば紫大益)いろいろな7542を飲み比べてその背景を探ってみるのも一興です。
さて、今回の見比べた3つの7542をまとめると、熟成の進んだ本物のプーアル茶をお探しであれば迷わず昌泰號 7548を。 新しいプーアル茶が好みの方であれば老同志 7548老同志 7542が価格と品質のバランスがよくお勧めです。やはりオリジナル、そして収蔵価値を狙うのであれば大益茶 7542といったところでしょうか。
評価図
今回飲み比べたお茶

M0504
大益茶 7542
Dàyì Chá 7542

  • 詳細
  • カートに入れる

C0703
雲南昌泰號プーアル茶生餅 7548
Yúnnán Chāngtàihào Pǔěr Chá Shēngbǐng 7548

  • 詳細
  • カートに入れる

L0701
老同志 7548
Lǎo Tóngzhì 7548

  • 詳細
  • カートに入れる
プーアル茶、初心者の方はこのページへ
ヘッダーメニュー
  • ショッピングガイド
  • プーアルカフェについて